申し込み方法は?

スマホ申し込み方法は、基本的には他の融資の場合と同じです。例えば、学生ローンを設けている大手消費者金融ならば、インターネットからの申し込みもできますし、自動契約機があればそちらからも可能です。もちろん、店頭での申込みもできます

後は、大手ではありませんが、学生ローンを専門に取り扱っている学生ローン専門の消費者金融というものがあります。そちらの中でも比較的大規模な消費者金融であれば、自社のホームページなども持っていますので、店頭だけではなく、インターネットからの申し込みも行うことができます。地方などでもしも大規模な学生ローン専門の消費者金融が無い場合や、大手消費者金融などから融資を受けられなかった場合には、中小の学生ローン専門の消費者金融を利用することになると思います。こちらはそこまでおすすめという訳ではありませんが、どうしてもお金が必要ならば利用するといいでしょう。ただし、電話や店頭でしか申し込みができない、というデメリットがあります。

申し込みの際には、身分証明書も必要になりますが、運転免許証や健康保険証ではなく、学生証でも代わりが利きます。なお、アルバイトをしていれば明細表を持ち込む必要があったり、シフトにどれぐらい入っているか、時給はどのくらいかということを教える必要がありますので、覚えておきましょう。

どんな人でも借りられる?

男の子学生ローンですので、対象となるのは大学生を中心とした学生です。ただ、全ての学生がお金を借りられるわけではありません。借りられない学生のタイプとしては、アルバイトなどをしておらず、定期的に収入がない学生、アルバイトはしているものの、返済に十分と言える給料が見込めない場合、アルバイトをしていない、かつ親の収入にも期待できない、これらの場合は学生ローンであっても審査の時点で落とされてしまう場合があります

逆に言えばアルバイトを行っており、定期的な収入があって、借入をする金額をしっかりと返済することのできる見込みがある学生は、まず審査に通ります。当然数万円程度の有志になりますが、それならばシフトを十分に入れて働けば、3ヶ月もあれば簡単に返済ができますから、融資の対象としてはこれ以上に無いモデルケースです。もう一つの場合は、アルバイトをしていなくとも、親の収入が十分にある場合です。

基本的には個人の収入が無いと借入をするのは難しいのですが、親の収入的に親に払ってもらえば簡単に返済ができるような場合であれば、融資を受けさせてくれる場合もあります。ただ、こちらの場合は後で親との衝突が予想されるので、実際には融資を受けてからアルバイトを始める方が多いです。

学生ローンは融資が受けやすい

「学生は借入の審査では不利になる」このようなことを一度や二度は記事などで目にしたことはないでしょうか。実際に学生が普通の消費者金融などで借入をする場合には不利な条件であるという意味では正しいです。

女の子ですが、だからと言って学生が借入ができないということはありませんし、むしろ学生ローンならば、学生専用の借入を取り扱っているので、学生であっても融資を受けやすいという特徴があります。むしろ、借りられるかどうか、と言う点を問題とするよりは、自分が希望する金額を借りられるかどうかということが多くは問題になります。ですがそれは今回は完全に問題外ですので、学生ローンならば学生でも融資を受けられるということを覚えておけば大丈夫です。

ただし、たとえ学生ローンであっても誰もがお金を借りられるわけではありません。学生ローンであってもそれなりに厳しい審査はありますし、むしろ学生だからこそ、融資をする相手はしっかりと見定めなくてはいけないので、社会人が消費者金融などからお金を借りるよりは少し厳しいかもしれません

また、そもそも学生ローンを借りるための申し込みはどのようにすればいいのか、ということを知らない方も多いでしょう。当サイトでは、申込みの方法についてもご紹介します。ただ、初めに言っておくと、借入は場合によっては自身の生活を大きく変えてしまう可能性もあります。利用する際には十分に返済ができるような金額を借り、返済のための計画を立てた上で、申し込みをしましょう。